2022年9月15日 (木)

《マジシャンしか読んじゃいけないコーナー》『歪んだコイン・シェル Coin Shell の直し方』

全国一千万のシェル・ユーザーの皆さんこんにちは。

シェルを使用した奇術を演じた経験のある方なら、大抵経験しているのが、『シェルのエッジの歪みによる、脱着不良』

特に嵌まったまま取れなくなることが大問題です。 何故この事故が起こるかと言えば、エッジが非常に薄く、外側からの圧力で簡単に内側に曲がってしまうことに起因します。 はっきり一部分が曲がっていれば、その部分を気長に指で押し出せば直るのかも知れませんが、実際はそうは行きません。 なぜなら、どこが問題の箇所なのか判明しづらく、良く見ると怪しい場所が何カ所かあり、主要トラブルがどこなのか、はたまた複数の箇所の複合原因なのか・・・

ネットで調べると次の2方法が紹介されていました。

① シェルにコインを嵌めた状態で、根気よく全周をテーブルにこんこん当て続ける。 やってみましたが根気が足らないのか、全然上手くいきませんでした。

② 使わなくなったシルクをコインに被せ、その上からシェルを押し込んで引き剥がす。 これは簡単で有効そうですが、確実にシルクはボロボロになるし、持ち歩く必要も・・・

そこで、私が工夫して、ほぼ確実に機能する修復法をご紹介します。

準備するものは少々厚手でザラザラカサカサしたタイプの、ペーパータオル。 このコロナの御時世、エアタオルが意味なく封印され(これがウイルスをまき散らすことが無いことは証明済ですが、慣習的に封印され続けています。)洗面所には必ずこの手のペーパータオルがあります。これを写真の様に三つ折りにします。そして下にシェル逆さにして置き、上からコインを押し込みます。

その後、紙の四隅をコイン側にまとめて絞り、シェルのエッジに爪を立てて引き抜きます。

この方法は、三つ折りで紙の厚さが出る分、シェルとコインの隙間を大きく広げる効果があり、紙の厚みは均等なので、シェルが均等に広げられます。 また、紙を取り外す時も、1枚では薄くてすぐに破れるのですが、三枚折りにしてあると、丈夫でコインを引っ張り出すおりにも、ホールドしやすいのです。 紙はどこでも入手しやすいので、『緊急の現場』でも使用可能となる便利な方法です。お試しあれ!

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

『Magi-CULL Sunday 再開!!』

コロナ拡大以来、長らく「完全予約営業」にしておりました、マジックバーMagi-CULL Sundayですが、金沢も、かなり収まり、患者数も少ない上、重傷者率が非常に低く、軽症、無症状者が圧倒的多数を占めるようになりましたので、9月から通常の『毎週日曜日営業』に戻すことにしました。

以前同様、狭い店ですので、なるべく数日前に御予約いただければ幸いです。

また、普段は20時スタートですが、お子様、ご高齢のお客様向けに、昼間の営業も致しますので、ご連絡下さい。

コロナの期間に、新しいマジックも色々レパートリー入りしておりますので、お楽しみ頂けるかと存じます。

 

皆さんのご来店を、心からお待ちしております。

クロースアップマジシャン CULL

 

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

『IBM 大阪リング 発表会』

5月29日に数年間コロナの影響で延期されていた、International Brotherhood of Magicians  Osaka ringの定期発表会に出演しました。

前日に東京のクリエーター荒井晋一さんのレクチャーもあり、当日はゲスト出演もされ、打ち上げ等で色々貴重なお話も伺え、大変楽しい時間を過ごせました。 特に荒井さんのトリックス時代の裏話は興味深いものでした。

今回、出演者が若者が増え、いつもより多いので、一人当たりの演技時間をなるべく短くするよう事務局からのお達しが。

とは言え、演目自体はかなり前に決めたので、そのままに。

 

演目は・・・ Drink Production、Hindu Thread(Slydini)、Ring on Cord PLUS、Fate of Red Thread。

糸が2演目に、指環と紐が1つという、総演者中、ネタ的には最小。お客さんに見えるのか?(^_^;

 

2会場で同じ演技を繰り返すのですが、片方では記録撮影があり、大体、こちらの部屋でしくじり後悔が残ります。後で送られてくる動画は

相当酔っ払っているときでなければ、観ることが出来ません😭 今年もそうなりました😭😭

 

最初の糸はSlydiniの方法で、いつも私のマジックバーMagi-CULL Sundayで演じているのですが、会場と規模が違い、普段のやり方では通用せず、細かい手直しをし、そういうことがトラブルの元に・・・ 

この奇術にはグラスに入った液体が必要なので、最初に空のグラスに液体が出現する奇術を演じており、バーではショットグラスでやっているのですが、会場は広いので大きめのグラスに変えました。そのために使用するグラスを買いに行ったのですが、こういう準備というのは、買い物の段階でも知らず知らずに頭脳はフル回転しており、色々なアイディアが湧き上がるものです。今回も、どのような方法にするか試行錯誤する段階で、かなり実用性が高い新しい方法が生まれました。いつもと違うことを試してみるものです。

 

リングと紐の演目は、私のオリジナルで、魔法の指環と紐を使い、紐に通したのに中央から抜けてしまう現象が繰り返され、途中で消えて、元々入っていた箱から出てきます。その後更に困難性が高くなるよう、紐の両端をお客さんに持って貰った状態で行い、最終的に、元々指にはめていた指環に紐が通っているというクライマクスを迎えます。 この手順は麦谷眞人さんの雑誌マスカレイドに収録されています。

これも、普段の紐では長さが足らず、会場入りしてから、長めの紐を切って、今回使うのに適した長さの紐を急遽作って調整。長いのでやりにくいので、にわか練習も(^_^;

 

最後の演目は、今回発行された機関誌スベンガリに解説を書いた作品。 元々、Tommy Wonderのもので、糸が針穴に何度も通っている、という特殊な現象です。 現象は観たこともないキュートなもので、何度も針穴に糸が貫通している不可解物体をお客さんにプレゼント出来る点も気に入っていたのですが、Tommy Wonderの演じ方では今ひとつ受けない気がして、所謂Magic Momentにパンチの効いた演出を加えました。これも、Magi-CULL Sundayでよく演じています。 撮影の部屋で、致命的な準備ミスをし、適当にごまかして切り抜けました。切り抜けられてませんが😭 折角お手伝いに前に出てきていただいた根尾教授、すみません(^_^;

 

と言うわけで、一回目の演技がボロボロだったので、このまま金沢に帰ると心が折れるので、2回目の演技は死ぬ気で行って、大受けとなりました。

その後、いつものように楽しい打ち上げで、先輩達と昔話に花が咲きました。 来年も行われますように・・・・

 

 

| | コメント (0)

2022年2月22日 (火)

ご無沙汰しております

今年になって、特に何の活動もなく、結果今年『初書き込み』となります(^_^;

金沢も新型コロナ蔓延防止措置となり、現在、マジックバー Magi-CULL Sunday の営業も滞ったままです。

当然、特に営業のお誘いもなく、一時治まった患者数も依然高止まりで、小規模のショーの開催も困難です。

 

とは言え、マジックの新商品は次々に販売され、専門雑誌の発行も滞ることなく、情報は入ってきます。

また、ネット上のeBookの書店からも、新しくデータ化された新旧の書籍のお知らせは届き、データなのですぐさま入手出来ることと、安価であることから、ちょっとでも興味がある内容だとついついダウンロードしちゃいますよね。 かなりの量の『積ん読』が溜まっております。 

収拾が付かないので、最初は読んだものから『書庫ファイル』に移動し、未読分はデスクトップに貼り付けていたのですが、当然それでは画面が足らない(^_^; そこで、デスクトップ上に『未読ファイル』を作ったのが運の尽き。これで読まなくてもここに突っ込めば手元にあるのでいつでも読めるという間違った安心感により、結果大半読んではいない状態に。

一旦このファイルは『無かったことに』して、昨年末からは極力目を通してから書庫に移動するようにしています。

 

ちょっと調べ物をしようと思い、昔の米国の雑誌『スフィンクス誌』を調べようと思ったら、これは持っていないことに気づきました。

有名な雑誌で、原案がここで発表されていることも多く、データで持っていると検索できるので便利、と言うことでお馴染みのeBook屋さん“Lybrary”内を探すと、全巻53年分とインデックスで、総額$280なので、躊躇したのですが、よく読むと、『今なら$49.50で、あなたは$230.50のお得です!』と書いてあるのです! どんな割引?? 勿論ダウンロードしました。 しかし、これは1年ずつのダウンロードで、かなり時間を食いましたが、無事完了し、調べものも上手くいきました。

 

それはそれとして、別件でInternational Brotherfood of Magiciansの機関誌“Linking Ring”の中から見つけ出さねばならぬ案件が。この会に加盟しているので入会以降の本は手元にあり、数年前からはダウンロードに変更し、書架のスペースを死守したのですが、なんと言っても世界最古の現存する会。昔の膨大な冊子は持っていません。しかし、実は10年以上前にこれのバックナンバー全巻のCDが販売されたのです。そして、結構値が張ったと思いますが購入して、当時色々調べものに活用していました。 このCDは全てのページをPDFで焼いてあるためかなりの枚数となり、その他に、全巻の検索を掛けられる別CDが付いてきたのです。だから、まずコイツでありかを探し、問題のCDを出してきて詳しく読むこととなります。 当初使っていたパソには、この検索CDの内容をスムーズにインストール出来利用していたのですが、ここ数年その必要も無く、パソコンも機種変しました。久々にこれで調べようと思い、今のパソコンにインストールしようとすると拒否され使えなくなっていました。 

そこで、破棄していなかった前のパソを出してきて起動させると、意外なほどサクサク動く。なんで変えたんだっけ? そして、機嫌がいい間にCDを突っ込んでインストール! 難なく完了。早速データをUSBにコピーし、現在のパソに貼り付け完了! と言うわけで、この雑誌も検索掛けられるように復活しました。

僕は雑誌の合本が好きで、実際の書籍として、KABBALAを始め、Phoenix、JINX、Hugard's Magic Monthly、Pallbearers Review、The Chronicles、Epilogue、Ibidem、Pentagram、Hierophant、Harry Lorayne's Apocalypse、Richard's Almanac、MAJ等々所有していますが、最近はデータ化されたものが多く、なんと言っても検索掛けられる利点と、書架の省スペースの利点があります。The Topsは1961年から94まで続いた延べ20000頁に渡る雑誌ですが、これはDVDで購入しました。DVDだから1枚ぽっちで、もの凄く省スペース! The Poenixは1942年から54年に発行されていたもので、本の合本も持っていますが、検索掛けられる利点からCDを購入しました。これも1枚だけです。しかも54年から65年に発行されていたNew Phoenixと、Michael Skinner's note on Phoenix issue 1-300も附録で付いてます。読んでないけど(^_^;

というわけで、現代、割と簡単に情報を安価で入手出来、少し頑張ると『個人図書館』的なものが完成してしまいます。 多分、近い将来、世界中の図書館がデータ化され、クラウドに巨大図書館が完成し、多くの資料を閲覧出来るようになりますね。

披露する機会が近いうちにあると信じて、日々研究研鑽を積んでいます。 その時にはよろしく御願いします。 CULL

 

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

『Magi-CULL Sundayの予定』

金澤は今のところコロナが落ち着き、飲食店の営業規制もありませんので、毎週日曜に

いつも通り『完全予約制』で営業しておりますので、事前予約、御願い申上げます。

 

なお、年内は12月26日(日)まで。 来年2022年は1月9日(日)からです。

 

ただし・・・今年は大雪の予報が出ており、足元が悪い可能性はございますので、ご注意ください。

 

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

『Magi-CULL Sunday 再開』

お久しぶりです。 先日金澤も感染対策蔓延防止も解除となり、徐々に街に人が帰ってきています。

Magi-CULL Sundayも今月から、完全予約制ですが、営業再開しております。

通常通り、ご連絡いただければ昼間の営業も致しますので、ご遠慮なく。

 

また、まだまだ新型コロナ感染の危険は消えていませんが、御家族だけのパーティー等は安全ですので、ホームパーティーに

マジックは如何ですか? 近距離でお楽しみいただけると存じます。ご連絡をお待ちしています。

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

Magi-CULL Sunday再開のめど

ご無沙汰しております。 マジシャンCULLです。

金沢は、今のところ、新型コロナ蔓延防止策で9月12日まで自粛期間の予定で、アルコール提供禁止、20時以降の営業もストップしており、Magi-CULL Sundayもお休みさせていただいております。 今のところ12日までの予定なので、第3日曜の19日からはご予約再開の予定です。患者数によっては延期となる可能性もございます。

よろしくお願い致します。

 

コロナ退散!!

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

『またまた、時間短縮要請』

金沢市内、新型コロナ感染の再蔓延のため、8月2日から、飲食の営業が午後8時までとされました。一応、現時点では8月末まで続くようです。

Magi-CULL Sundayは基本午後8時開店なので、一応休業しますが、ご連絡いただければ、ノンアルコールにて昼間、夕方の営業は致します。

遠慮無くご連絡ください。 夏休みの少ない思いでに如何ですか?

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

”HIGH SIX portable”

北海道のプロマジシャン スペンサー・トリックス氏のHIGH SIXは、数多あるfloating bill effectの中で一線を画すもので、この手の奇術としては常識として知っているべき作品だと思いますし、実際世界的なヒット作です。

当然わたしも発表当時購入し、チャレンジしましたが、解説を観るとわかりやすいので、観た途端にできる様な気になるのですが、実際にやってみると様々なハードルがあり、わたし自身そこで挫折しました。

ところが今回、その後の進化版が発表されました。原案での最大のネックは、事前のセットアップがかなり複雑で、お客様の目の前では無理な作業がある事です。勿論、進化版で、準備無しで行える様になった訳では有りませんが、色々な工夫で、現場でのストレスが激減しています。そしてトラブル回避も出来ます。

更に演出面での進化したアイディアも追加紹介されています。 

HIGH SIXをお蔵入りさせた方、気になっていたがまだ手を出していない方、是非この機会にこの強力なマジックに触れてください‼️

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

Magi・CULL Sunday再開

ご無沙汰しております。

本日14日から金沢は、長らく時短営業、アルコール提供禁止令が解かれ、通常の飲食営業が解禁になります。(いつまで続くか未定ですが・・・)

というわけで、一応次の日曜日からMagi・CULL Sundayも再開予定です。ただし、完全予約制のままですので、事前予約の方お願いします。日曜なら昼でも夕方でも開店しますので、ご遠慮なく予約を頂ければ幸いです。

よろしくお願いします‼️ CULL

| | コメント (0)

«“Combination Shuffle”