« Aliens | トップページ | Bill in Walnut »

2007年1月15日 (月)

Verbeck's Envelope

この奇術は「マジックの百科事典」の異名をとる“Tarbell Course in Magic ”Vol.2に掲載されているものでEugene Verbeckの作品らしいのですが、この本の解説としては異例に不備があり、とてもこのまま演じることが出来ない部分があるのです。

しかし、現象は興味深く、できれば演じてみたいと何年も思っていました。 その後、John Carneyが“The Book of Secrets”p.260で彼の方法を解説しているのを見つけました。

それに感化され、演じやすいように変えて、使っています。

Verbecks_envelope お客さんから500円玉を借りサインしてもらいます。

雑誌の1ページを破り取り、そのページの印刷をある程度覚えてもらいます。 その紙でサインされた500円を包み、おまじないを掛けます。紙を開くと、その紙で出来た封筒に変わっています。 封筒を開けると、中から更に封筒が。それを開くと更に小さな封筒が出てきます。当然、使われている紙は先ほどのページです。そして、小さな封筒からサインされた500円が出てきます。

続けざまに、別のページでコインを包みおまじないを掛けると、すぐさま封筒に変化します。勿論3重封筒です。中から出てきた500円のサインが、確かに先ほどしたものであることが確かめられます。

そして、封筒に変わった紙におまじないを掛けると、元の1枚の雑誌の紙に戻ります。

知識のある人はお分かりでしょうが、二度繰り返して、その都度サインされたコインが出てくるところが、頭を悩ませる部分です。

かなり、マニアックな奇術ですので、色々な奇術を見ている“通”のお客様用です。

|

« Aliens | トップページ | Bill in Walnut »

コメント

マジックに興味はあるけど初心者なので、これからちょくちょく読ませてもらって勉強します。

投稿: ピー | 2007年1月15日 (月) 22時39分

ピーさん、こんにちは。

ご覧頂きありがとうございます。
勉強されるには、あまり向いてない内容ですが(笑)
「こんなマジックもあるんだなー。」みたいな感じで読んでいただければ幸いです。

また、それ以外の方は「このマジック、実際見てみたいなぁ」という感じで、私に仕事のご依頼いただければもっと幸いです(爆)。

投稿: CULL | 2007年1月15日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Aliens | トップページ | Bill in Walnut »