« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月26日 (月)

Japan Cup 2007

24,25日、東京・池袋にて第6回 Japan Cupが行われました。 http://www.smilelife.biz/jcma2007.html

この会は、今年度、日本のマジック文化に貢献された人をたたえる目的で行われており、私はその選考委員の一人です。

会は参加者100人限定で、国内外からのマジシャンの演技、レクチャーやコンテストも行われ、和気藹々とした中、盛りだくさんの内容です。

2年前にはガラ・ショーでの演技をしたのですが、今回はレクチャーを行いました。

参加者の皆さんが、有名な研究家やプロの方々なので、私が皆さんにお教えするなどおこがましいのですが、少しでも皆さんに楽しんでいただければと思い、普段使っているオリジナルを解説しました。内容は次の五つです。

1、E-Z Bizarre Twist !(Revised) 
Paul Harris’Bizarre Twistの『変化現象』の技術的改良版です。
片手で持ち、少し振るだけで、2枚にはさまれた裏向きのカードが表向きます。

2、“Do as I Do” Torn & Restored Paper Napkin 
破ったペーパー・ナプキンが復活します。
お客さんと一緒にもう一度やってみると、お客さんの破ったナプキンも復活します。

3、Visual Surprise Stab      
Richard Himber’s Surprise Stabの改案です。ケースに入れないで現象が起きます。
デックの上に剃刀の刃を置いて、おまじないを掛けるとデックがバラバラに切れてしまいます。1枚だけ残ったのが選ばれたカードです。

4、Sewn in Kanazawa        
お客さんがサインしたカードがデックから消え、術者の上着の内側に縫い付けられて出現します。

5、Harmonized Puzzle        
たくさんのパズルのピースから選ばれた1枚が、完成したパズルの中の欠けた部分と一致します。
そして、そのピースを欠けた部分にこすり付けるとピースはその部分に同化し、額からパズルを取り出すと、1枚の絵になっています。

予想したよりも好評で、レクチャーノートにサインを頼まれ、面映い感じでした。

なお、この内容が詳細に書かれたレクチャーノートをJCMA事務局と私が販売しますので、ご希望の方は御連絡下さい。 定価2千円です。 私へのメールは YID00375@nifty.com です。

| | コメント (2)

2007年3月 5日 (月)

'07.3月の出演状況

マジシャンCULLの主な予定です。

3月14日(水) 金澤CULL 定例会 金沢市民芸術村 午後7時半から

3月24日、25日(土、日) Japan Cup 2007 東京・池袋 コンテストの審査。25日はレクチャー。

日本バーテンダー協会 マジック教室(予定)

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »