« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月16日 (月)

日本バーテンダー協会石川支部・マジック教室

昨日は金澤のバーテンダーの中でマジックを学びたい方々のためのマジック教室、第4回目でした。

カード2種、メンタル1種、コイン1種、お札1種。

いつものように、少しの練習で習得でき、わかりやすく、効果の良い、バーで演じやすいネタ。

講習のあとは、皆さんの興味に合わせたマジックをいくつか披露しました。

この会は参加者が少数で、しかも、大体メンバーが固まってきて、熱心な人ばかりなので、そろそろ初心者向けを脱却し、本格的な技術の基本の解説も始めようかと考えています。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

Egg Bag with Multiple Climax

袋玉子 Egg Bagという古典的な奇術があります。 

現象 : シンプルな袋に、玉子を入れると、消えてなくなり、しっかり空であることを改めた後で、また玉子が出てくる。

今は演じられることが少なくなったのですが、なかなか味のある奇術で、私は愛用しています。
ただし、少し変わった演出とクライマックスを加えています。

『この袋はとてもシンプルな作りですが、ある壊れやすいものを安全に運べるように出来ています。実はそれを袋に入れると、見えなくなり、すぐに袋から飛び出して周りを衛星のように回りだすのです。だから、袋を叩いたって大丈夫・・・全然信じてませんね? では、お見せしましょう。』
お客様に手を入れて確かめてもらい、目で見て何もないことを改めてもらいます。 空中の“何か”をつかんで袋に投げ入れます。空の手を袋に入れると玉子が出てきます。本物の玉子であることを確かめてもらいます。

『袋に入れて、上から叩くと・・もうここにはありません。』
袋の表裏を改めますが玉子は消えています。

『折角ですのでお客様にやってみてもらいましょう。』
お客さんに袋の中を改めてもらい、袋を持って、空中の見えない玉子を投げ入れてもらいます。この間、マジシャンは袋に近付きません。 お客さんが自分で持っている袋に手を入れると、中から玉子が出てきて、とても驚きます。

Multiple_ending_1『なかなか便利な袋でしょう。ただし、まだ言っていなかったことがあります。実は、この袋は玉子1個用ではないのです。』
そう言って、空の手を袋に入れると、玉子が次々に出てきます。それを浅い籠に入れていきます。合計7,8個が出ます。

この奇術は、よく演じていて、受けは良いのですが、まだ改良の余地があります。
そう思い、いつも悩みながら、もう何年も演じ続けている、私の『永遠のテーマ』の1つです。

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

Ambitious & Homing Card Routine

有名なカード・マジックに『アンビシャス・カード』があります。

選んだ1枚をデックの中ほどに入れると、いつの間にか一番上に上がってくる・・という奇術。

カード奇術の多くが「選んだカードを当てる現象」なので、一風変わっていて、しかも大変わかりやすい現象のアンビシャス・カードは、非常に人気のある演目です。

私も色々な人のアイディアを導入し愛用していますが、少し変わった演出をとっています。

Ambitious_homing_card『カード・マジックで使うテクニックをご覧に入れましょう。』 1枚カードを選んでもらい、表にペンで“渦巻き”を書いてもらいます。 

『渦巻きがこんな風に書かれたカードは、多分世の中に3枚くらいしかないと思います(笑)』 

これをデックの中ほどに入れ、上から息を吹きかけると一番上から出てきます。これが何度か繰り返されます。 

デックを脇にどけ、3枚だけで同じ現象をみせます。 

お客さんのカードを折り曲げてデックに入れますが、突如一番上のカードが折れ曲がり、表を見ると渦巻きの書かれたカードです。 

更に、デックに差し込みますが、今度はそれだけ表向きで、しかも前方に半分ほど突き出た状態にします。このまま息を吹きかけると、徐々に上の方に移動していき、最後にトップにきます。

『折角、渦巻きを書いてもらったので、もう1つのテクニックをお見せします。』 デックに入れ、少し振ると、そのカードがズボンのポケットに移動します。もう一度デックに入れますが、再びポケットに移動します。

『カードにサインしてもらうと“もったいない”と言われることがあります。しかし、このペンで書くと、10分以内ならリサイクルできるのです。』 

渦巻きの書かれたカードを弾いて、指で渦巻きを引っ張ると、そのサインが剥がれて、普通のカードに戻ります。

Ambitious Card3枚で行う演出はDaryl。 クライマックスは二川滋夫氏のElevator move 2段目はFrancis Carlyles Homing Card。 そして、サインが剥がれてしまう演出はMichael Weberのものです。

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

石川県中小企業経営者同友会アクティー様

昨夜は石川県中小企業経営者同友会アクティー様の観桜会にて、マジックを披露。

25人ほどの経営者の皆さんに、宴席でマジックをご覧いただきました。

内容は・・・

Healed & Sealed Soda、 Egg Bag with Wiskey Climax、 “Do as I doTorn & Restored Paper Sewn in Kanazawa Cardiographic 

お酒の入った席で、色々と突っ込みもあり(笑)楽しく盛り上がりました。

後ほど、幹事様から頂いたメールで、「二次会でもマジックの話題で盛り上がった」とのこと。何よりでした。

今後ともよろしくお願いいたします!!

| | コメント (0)

'07.4月の出演状況

マジシャンCULLの、4月の主な活動予定です。

3日:石川県中小企業経営者同友会アクティー様の花見宴会  25名ほどの社長さんたちに、座敷でマジックを披露。

7日:金澤CULL観桜会

11日:金澤CULL例会

14日:岡山のマジック友達・M氏と食事。 その後金澤CULLメンバーと共に座談会。

15日:日本バーテンダー協会・マジック教室

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

Lecture Notes “Pop Magic”

Japan Cup 2007にて行ったレクチャーの内容を、詳細に解説したレクチャーノートを販売します。

私に直接注文いただいてもかまいませんし、以下のマジックショップでも扱っていただいてます。

定価 2千円 

フレンチドロップ https://www.frenchdrop.com/detail?id=2263

マジックハウス http://www.magichouse.biz/ctg_books/lecture/cull/pop_magic/index.html 

謎屋 http://www.vis.gr.jp/~nazoya/ 

細かな内容については、前タイトル “Japan Cup 2007” 内にあります。

どうぞ、よろしく。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »