« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

『 指輪 』

クロースアップマジックでは、指輪という素材もよく使われます。

Ring_for_magic_2
一番沢山の作品が発表されているのは“Ring on Cord”です。 紐に指輪を通し、端を通さずに抜き取る、というもの。 指輪は小さいですが、この現象ならシンプルなので離れていてもよく見え、わかりやすいので、観客を選ばず受ける演目です。私も、この現象が大好きで色々な方法を愛用しています。ただ抜けたり入ったりだけでは「落ち」がないので、クライマックスとして“Ring Flight”を行うこともあります。 これは指輪が消え、ヒップポケットのキーケースのフックに掛かった状態で出てくるもの。 
その他、“Linking Finger Ring(Himber Ring)”という、お客さんの指輪3本で行う連結現象、“Ring & Rubber Band” 指輪が輪ゴムと連結する。“Ring on Wand” 木の棒に通した指輪が外れる、などといった現象が有名。 
Jerry Mentzer著“Magic with Finger Ring”という、この手の奇術の集大成があります。

数年前に米国のGarrett Thomasが“Ring Thing”という作品を発表し、一時世界を席巻しました。現象は・・・指からリングを抜き取り、放り投げると消え、伸ばしている指にいきなりはまった状態で現れます。 非常に強烈な印象で、私も愛用しています。

私が現在一番多く演じているのはDe'Vo Vom Schattenreich’s“De' Ring”というものです。 「指先に持った指輪が、一瞬で薬指の奥にはまっている」という現象。 現象自体は以前からあるのですが、これの特徴は、やたらに早いことと、指輪が「キツキツ」でお客さんに抜いてもらおうとしても、そう簡単に抜けないサイズなのです。 普段はめている指輪で、いつでもどこでも演じることができ、一瞬で終わるので、非常に重宝ですし、気軽にやっている割にはインパクトが大きいようでリクエストが掛かることが多いペット・トリックです。

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

Doc Eason Lecture

6月8日に、2009年Close-Up Magician of the Yearを受賞した、ベテラン・バー・マジシャンのDoc Eason師が米国から初来日され、金澤でもレクチャーをしていただきました。

0968_doc_eason 彼は、長年、スキー観光地のバーで観光客にマジックを演じ続けている人で、実践的な内容が期待されました。

2時間ほどの講習でしたが、ちょっと変わったスタイル。 簡単に言うと「ほとんどマジックのやり方の説明をしない」! 要するに、参加者はマジシャンですし、彼の奇術はスタンダードナンバーが多く、簡単な説明で理解できるのです。 では、何を説明するか。それは「奇術を演じるにあたっての心がけ」です。 色々良い話が聞けました。 たとえば、お客さんの名前を聞き、覚えておく効用。 演技中に不用意にカードをめくったりされないためのアイディア などなど。

有意義な時間となりました。 参加された皆さんありがとうございます。 そして、通訳と様々なお世話をしていただいた二川滋夫先生、いつもお世話になります。

| | コメント (0)

PasePase! Ⅶ

私の所属するClose-Up Magic団体“金澤CULL”の年1の発表会“PasePase!”を6月7日に行いました。

本来、本会はClose-Up Magicの専門集団なのですが、金沢21世紀美術館シアター21という、客席が階段になっている、程よい広さの会場を使っており、せっかくなので、ここ数年はステージマジックに近いものをメインに披露してきました。

しかし、何と言ってもClose-Up Magic専門集団。ステージネタが枯渇気味に(汗)

というわけで、来年からは階段客席を引っ込め、フラットな会場にテーブルを3箇所設え、それぞれ30人弱のお客様に近距離でお見せするというスタイルに戻す予定。

さて、例年、大した宣伝もしていない発表会なのですが、定員を遥かに上回る来客があり、消防法上、泣く泣く人数制限となります。 今年も130人で満席。数十人の方には帰っていただきました。申し訳ないです。

今回は7名の出演。 最初は福井のベテラン奇術家S氏の安定した、手品らしい手品。夢のある演技で幕開けとなりました。 今回は比較的若手が多く、それぞれの持ち味を生かし、バラエティーに富んだ内容となりました。 いつも、僕がトリをつとめるのですが、ステージ最後というわけで、本会の名誉会長でもある、金澤の老舗マジックバー“マジック”オーナー國府真次師にビシッと決めていただきました。

沢山のご来場と温かい拍手、そして、多くのアンケートへの返答ありがとうございました。来年も、また、よろしくお願いします。

ちなみに、私の演技内容は・・・

☆Egg Bag with Double Climax(以前からの手順は数年前に大幅に変更されました。袋玉子の手順の直後、マジシャンは袋の中に入れた卵を空中から何度か取り出し、いきなり袋から10個ほどの玉子がバラバラと出てきます。さらに、袋いっぱいのダチョウの玉子が出ます。)   

☆Link Board  http://cullblog.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/link_board.html 

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »