« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月21日 (土)

金沢三水会様 懇親会

昨夜は、異業種交流会『金沢三水会』様の会合後の懇親会にてTable Hop。 会場は金沢国際ホテル。

色々な業種の皆様の集まり。会話の弾む和気藹々とした会場で、7卓を巡って披露しました。  興味をもって観ていただき、名刺交換も多数させていただけ光栄です。

楽しい時間となりました。 三水会の皆様、ありがとうございました。

なお、演技の内容は・・・ Bottle from Paperbag   Sewn in Kanazawa     Reformation  Card in Lime   Egg Bag   Slydini's Knotted Silks   Marking   Ambitious & Homing Combination

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

Snuff Box

Card under the Drink”と言う、典型的なバーマジックがあります。 

これは『お客さんの選んだトランプが、目の前に置いてあるグラスの下に、いつの間にか敷かれている』という驚きの強い、粋なもの。J.C.Wagnerの演技が有名ですが、Tom Mullicaのサインされた4枚が、何度も灰皿の下に敷かれて現れる演技は最高峰だと思います。

 Manuel Muertes Grandpas Cigar-BoxFlicking Fingers The Movie)という作品があり、これは、この手の奇術でもベストの一つだと思います。 すなわち、現象がゴージャスでわかりやすく、インパクトも強く、ほとんど準備が要らない。 DVDを観て、すぐにレパートリーに入れたくなりましたが、気に入らない部分もありました。そこを改良し、現在愛用しています。

Snuff 現象: 骨董品の『嗅ぎタバコ入れ』の箱を見せる。「この中には、見ると後味の悪いものが入っているので、今はお見せしません。」と言って、テーブルに置く。 トランプを1枚選んでもらい、サインしてもらい、デックに戻す。「広げると、あなたのカードだけ飛び出してきます。」と言ってスプレッドするが、何も起こらない。いつの間にか、先ほどの箱の下に、客のカードが敷かれている。 もう一度デックに入れて弾くと、再び箱の下に敷かれている。 もう1度やってみるが、今度は箱の下にはなく、箱を開けると4つ折りにされた客のカードが出てくる。

現象はManuel Muerteのものと同じですが、いくつかの改良点があります。 

まず、使っている箱が小さい。Manuelはかなり大きな缶を使っており、敷かれているカードが箱をどけないと見えない。その点私の方法では、箱からはるかにはみ出しているので、その分観客は自分が気付かなかったことにびっくりするようです。

カードと箱の大きさの関係で、カードをきっちり4つ折りにしてなければ収納できない。こっそりと一瞬で几帳面に折り曲げることは不可能なので、不可解に思える。

そして、(裏事情ですが)お客さんに箱を改めて貰うことができる。箱には全くタネはありません。 また、立った状態でTable Hopでも演じることができます。

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

'12年4月の予定

マジシャンCULL の 4月の主な予定です。

毎週金曜日は、いつものように、午後8時から、『るいママ』さんにて、バーマジックをご披露いたします。 是非、遊びに来てください。 最近、新ネタも充実で、大変盛り上がってもらっています。ネクタイを、桜の季節に合わせてピンク色にしています。 

4月15日 堀場あきら イリュージョンショー  北陸唯一のイリュージョニストによるショーです。 僕は観覧(笑) 楽しみです!

4月18日 金澤CULL定例会 金沢市民芸術村事務所棟1階 研修室  今回は、Dai Vernon's Twisting the Aces周辺の講習付です。 Elmsley countを基にFalse countの考え方、この作品の詳しい解説、Wayne Houchinのハンドリング。その後生まれた同現象の作品群(Maxi Twist,Asher Twist,Weaving Aces等)についての考察です。

4月20日 異業種交流会『三水会』様 レセプション 懇親会にて各テーブルを回って披露予定です。

4月22日 H先生のプライベート披露パーティー 高岡 

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »