« Magi・CULL Sunday のページを Facebookに | トップページ | “Pop Magic Ⅱ”  執筆開始 (← やっと・・(汗)) »

2013年5月22日 (水)

『マシュマロ』の話

昨年まで、バーのクライマックスに“Bill in Walnut”を頻繁に使用し、かなり好評でした。http://cullblog.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/bill_in_walnut.html 

これはカウンターから客席側に出て行って、立って演じられるように作ってあり、前のお店の作り上、この演出がフィットしていたのです。

今回のお店 Magi・CULL Sunday  になってから、客席側のスペースが少ないことなどから、カウンターから出ての演技があまり効果的ではなく、また、以前からの御客様もご来店されることから、新味を出す目的でも、クライマックスとして“Marshmallows”を毎週演じています。  http://cullblog.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/marshmallows.html

この作品は、基本的に“Chop Cup”ですが、いくつかの欲求が詰め込まれています。 

普通の手順ではクライマックスに大きな玉や果物が出てくる、所謂“Big Load”が使われますが、Martin Lewisで有名な、ダイスカップの手順の最後に、細かいダイスが無数に現れる“Crash Climax”と、根尾昌志氏のヨーグルトカップを使った、「最後にカップは未開封のヨーグルトに戻っている」という強烈な結末をどうしても採用したかったのです。  これらを一つの作品に詰め込めば、確実に強烈なインパクトを与えることができるであろうし、Triple Climaxにすることは、実は前のクライマックスが強いMisdirectionを生むので、逆に簡単になる、という面もあります。

もうひとつの目的。 コメディーとしての演出で、『術者の思惑からずれて、カップの下にボールが現れ、困って食べてしまう』 というものを導入したかったのです。 しかし、ボールを食べる、というのは無理があり不潔感、不快感が伴うことと、観客に「ホントは食べてないだろう」と感付かれる難点があります。  そこで、ボールを、実際に食べられるマシュマロに変えたのです。 演出上成立するだけでなく、マシュマロを使った奇術がほとんどない目新しさ、それ自体が持つユーモラスな風体にも価値があります。 

マシュマロを使うことから、カップをカフェオレにしました。 そしてBig Loadを、このカップのサイズにぴったりで、かつ入る最大の容積を持つものを探し、マフィンに到達しました。 少し潰す必要はありますが、何故か測ったようにぴったりです。 さらに、Crash Climaxに使える細かいマシュマロを発見しました。  これらが揃って、まさに演出上フィットした作品が完成しました。

このように、『騙したい』『受けたい』という単純な欲望で作った作品なのですが、頻繁にカウンター越しに酔客に演じ続けて、少々考えが変わりました。 インパクトを高める目的でTriple Climaxを採用し、物理的にそれに使える素材を探し出したわけですが、実際にこの演技を目にした観客は、不思議さ以上のものを感じてくれているようなのです。

と言うのは・・・・まず、素材をテーブルに出しただけで少々笑いが起こり、観客にはどんなことが起こるのか想像できず、かなり引き込まれるようです。そして、速いテンポでマシュマロがドンドン現れ、食べても現れ食べても現れ、そして、マフィンが出現、多量の小さなマシュマロが現れます。 現在、マフィンはすぐにお客さんに差し上げています。すぐに食べだす人が結構多いのです。すると、触って良いとも、ましてや食べても良いなどと言っていないのに目の前に山になっている、ちいさなマシュマロを食べ出す人がかなりいます。 こんなマジック・・・他にありますか? ライブ感、一体感を超えたものを感じます。 そして、「喉が乾きますよね。」と言ってカップを見せると開封されておらず、開けるとカフェオレが出てきて、グラスに注いで欲しい人に差し上げます。 

最終的なお客さんからの声は「不思議」ではなく、「美味しいかった」か「楽しかったー」です。 

この奇術のあとの声が『美味しかった』であったことで、如何にお客さんが、奇術全体を楽しんでくれていたのかがわかり感激したのです。 「不思議」は当たり前の評価ですが「悔しい」や「見破れなかった」という評価と 『楽しかった』 という評価では、次元が違うと思います。 このような評価がいただける作品を増やしていきたいと思っています。

|

« Magi・CULL Sunday のページを Facebookに | トップページ | “Pop Magic Ⅱ”  執筆開始 (← やっと・・(汗)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Magi・CULL Sunday のページを Facebookに | トップページ | “Pop Magic Ⅱ”  執筆開始 (← やっと・・(汗)) »