« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月 7日 (木)

「わたしのお金を増やして見せて」

 クロースアップ・マジックを演じていると、観客との距離が近いこともあり、お客さんは普通にマジシャンに話しかけてきます。 考えてみると、そんな芸能ってあまりありませんね。 

 近さで言えば大道芸も充分近いわけですが、取り巻いて見ているお客は、比較的大人しいようです。 江戸時代にだって大道芸は盛んに行われていたわけですが、現在の芸は西洋からの影響が色濃く、なんとなくお洒落な雰囲気があり、見ている方もマナーよく拍手もするし、西洋人がやるようにチップを帽子に小粋に投げ込んでみたくもなります。

 ところが、クロースアップ・マジック 特に バー・マジックは、酔客相手ですので、遠慮ってものがありません。 マジックだって十分に西洋のお洒落な雰囲気を醸し出してるはずなのですが、何故かお客さんの雰囲気には違いがあります。

 

 色々なことを言ってくるわけですが、中でもトップクラスに多いのがこれです。 ちなみに中年男性客しか言いません。

                 『俺の千円札を一万円札に変えてみろ』

 判で押したように、必ずこうに言います。

 

 後ほど分析しますが、この発言には色々な意味で、言われた側に反感が生じます。  少女が 「魔法使いさん、私のくたびれた靴を、新品に戻して下さいな。」 と言うのと、根本的に意味が違っています。

 以前は 「魔法が簡単なものと勘違いされているようですが、実際は元手と努力と時間が掛かります。 1万円に変えて差し上げますが、まず10万円ください。」 などと、喧嘩腰なことを言い返していました。(反省)

 

 なぜ、言われた方が言い返したくなるような反感が生じるかというと、この発言は、なんとなくマジックに乗っかって軽く言ってきてますが、実際はマジックと関係なく、内容のエッセンスを考えると 『俺に9000円くれ!』 と言っているのと同じです。流石に本人も薄々そのことに気付いてるので 『変えてくれ』 とオブラートに包んだ言い方をしてくるわけです。全然包みきれてませんが・・・

 

 そこで、最近はこう言っています。

 

 『 今、お金を変えて欲しい、と上品な感じで言われましたが、内容的には、9000円くれ、という要求と受け取ってよろしかったでしょうか? ・・・ はい、あげません。 』

 実際、「9000円くれ」と言っているわけですが、1万円に変えてはくれないことは分かっており、それほど深く考えない『おちょくり発言』なので、改まってこのように言い返されると、自分が知らず知らずのうちに随分下品なことを言ってしまっていることに気付き、少し緊張感が生まれるようです。 そこで、間を空けてから 『あげません』 と言うと、「まぁそうだろうね」 と納得し、緊張がほぐれるためか、多くの人が笑います。  

 昔言っていた「1万円まず下さい」などという無粋な返しより、かなり改善してるんじゃないかと思っています。

| | コメント (7)

2014年8月 4日 (月)

2014年8月の CULLの主な予定

マジシャンCULLの、8月中の主な予定です。

いつもどおり、マジックバー Magi・CULL Sunday は毎日曜日午後8時半から営業しております。 お盆前後の10日、17日もやっております。 夏休みですので、お子様連れのご来店も歓迎です。ご連絡いただければ早めに開けますし、当店、ソフトドリンクが辛めのジンジャーエールのみですので、ご指定いただければ飲み物もご準備いたします。

また、お盆に掛けて帰省の折にもご来店いただけると嬉しいです。 帰省のついでに、古い仲間と同窓会などの二次会にもうってつけ(笑)

13日 金澤CULL 例会  お盆だけど・・・メンバー集まるのか(^_^;)

23日 片町新天地夏祭り 例年通り、午後7時から9時の間、外のテーブル等を巡ってマジックを披露します。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »