« 『テーマ』 | トップページ | 2015年9月の CULLの主な予定 »

2015年8月27日 (木)

『お子様のお客様』

先日、新天地という飲み屋街で毎年行われる夜の夏祭りで、「マジックの流し」を例年の如く行いました。 

この日は、通りにテーブルも出され、外飲みする人も多く、それらのテーブル、あるいは店内でマジックを披露し続ける企画です。

例年、天候に恵まれ、いつもの何倍もの人が、この街に集まります。 勿論、マジック目当てで来る人はおらず、各テーブルでお客さんがマジックを所望しているか確認の上、短時間で急速に盛り上げる必要があるストリートパフォーマンスとなり、普段と状況が全く違います。 というわけで、色々なドラマも生まれるのです。

今年も、ちょっと印象深いことが起きました。 仲の良い、マジックもされるマスターのバーに入ると、お客様は家族ひと組だけで、しかも、お子様は小さく、二人共、お父さんお母さんに抱っこされています。この状態では、トランプ1枚取ってもらうこともできず、去ろうかと思ったのですが、見せて欲しいと、お店とお客様の要望で、取り敢えず、見てるだけでわかるAmbitious Cardを。この時点で、お父さんに抱っこされてる4歳ほどのお兄ちゃんは、「帰る帰る」とぐずって、顔を胸にうずめて泣いていました。 しかし、親御さんはマジックを楽しんでらっしゃるので、続けます。

カードマジックで盛り上がったので、もう一つ見る、と言うので、Slydini Knotted Silksを。 このあたりで、お子さんの泣き声は消え・・ で、いつの間にか、ぐずってたお兄ちゃんが下に立って見ていたようで、演技が終わると、なんとこの子が拍手し始めたのです。他の誰もしてないのに。 

勿論、嬉しいのですが、まず、結ぶことができるとは思えない子供さんに、この現象が理解できたのか?ということ。 それと、小さな子でも拍手するという、心の表現方法を身につけている、ということ。 この二つのことに、とても興味が湧きました。

楽しい一夜となりました。 お店の場所をお貸しいただいたオリバー北村さん、そして、お客様、ありがとうございました。

|

« 『テーマ』 | トップページ | 2015年9月の CULLの主な予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『テーマ』 | トップページ | 2015年9月の CULLの主な予定 »