« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

THE COLLECTORS ~クロースアップ・マジックの集い~

私は、“International Brotherhood of Magicians” という会のメンバーで、その支部大阪リングに属しています。 ここのメンバーは、松田道弘先生、宮中煥氏、コインの六人部慶彦氏など日本を代表するマジックのクリエーター揃い。

 

年に1回、発表会が行われ、毎年、私も出演しております。 また、会場で、この会が発行している機関紙『スベンガリ』も販売されます。この中には当日演じられる奇術の解説も書かれているのです。 各人がクリエーターなので、見たこともないような濃いマジックが連発される、楽しい発表会です。

 

というわけで、その日は、マジックバー Magi・CULL Sunday はお休みしますので、ご了承下さいませ。

 

なお、この会に参加したい人がいらっしゃれば、私にご連絡ください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時 5月15日(日)14:00~17:00(13:30より受付)

 

場所 阪急ターミナルビル17階 「ふじ」の間 06-6373-5790

 

会費 3,000円  

 

 

 

 出演者(予定)

 

赤松洋一、石田隆信、岸本道明、塩沢善一郎、瀬島順一郎、谷英樹、

 

とうそん、深井洋正、福井哲也、前野隆夫、宮中煥、Yuji村上、

 

山崎真孝

 

 

|

『マジックバーに友達を誘う』 ということ

2011年から毎週マジックバーを行っているのですが、2店舗とも、集客の面で、中々ハードルが高いのです。 それで5年もやってること自体、自分で自分を褒めてやりたいわけですが・・誰も褒めてはくれないので(^_^;)

1店舗目は、金澤の寺町、忍者寺近くのスナックで金曜日の夜だったので、曜日的には問題ありませんでしたが、なんといっても周りに飲食店が殆どない観光地の真ん中で、中心街から少々距離もありました。元来のこのお店の常連客もそれほど多くなく。 それでも、僕がいる金曜日は結構繁盛しました。

2店舗目がMagi・CULL Sundayで、中心街にありますが、かなり隠れ家的な2階にあり、ここは普段のお客様は多いのですが、その方たちは私がやってる日に来られることはほぼなく、やってるのが日曜日だけという高いハードルがあります。

というわけで、色々な方法で集客をはかり続けているのです。  そのおかげもあって、今の所、赤字にもならず存続しているのですが、こういう問題は、立ち止まって、「自分がこの店に行きたくなるにはどうすればいいか?」と考えてみることも大切だと思います。

実は・・・僕自身がマジックバーにあまり行かず、というのも、飲むのは大好きなのですが、正直言うと、マジックバーは邪魔くさい(^_^;)

マジックバーと言うのは「バー」なんて言ってますが、基本『飲み屋』ではありません。マジックシアターです。マジックは観たくないから、飲むだけ飲ませてくれ、というわけには行きません。しかも、2、3個観て帰る、というわけには行かない雰囲気がビシビシ伝わります。勿論、こっちもマジシャンなんだから、そんな無礼はできるわけもありません。となると、マジックバーに行くには、時間の余裕と元気がないと対処しきれないのです。 ホントは「お客さんが観たい分だけマジックはやって、やった数の分料金をいただく式」なら、この問題は解消されそうですが、普通はセット価格で、そもそも、そんな方法はうまくいくとも思えません。

そして、そういう気持ちが働くので、余程奇特な人じゃない限り、毎週マジックバーに通う、なんて気にはなれないのです。

しかし、実際、結構頻繁に来店してくれる人がいます。そういう人は、誰か新しい人を連れてきてくれるのです。多分、自分が楽しかったので、それを誰かと分かち合いたい、という気持ちが強いのです。大変嬉しいことですし、ありがたいです。

しかし、この奇特なお客さん、裏では、こんなことが起こっていることも知っています・・・

マジックバーが楽しかったので、友達や家族に一緒に行くよう誘うのですが、かなり無碍に断られるようなのです。

実際、大人がマジックバーに誘うとなると、「マジックバーに行ったことがない人には、わざわざお金を出して観に行くなんて子供っぽい、と思われるんじゃないか?」的な、プライドを傷つけられる恐れを感じます。 その危険を乗り越えて、誘ってみて、相手が怪訝な顔で「てじな~?」などと返された日には(^_^;) それどころか、話を持ち出すタイミングを間違えて、勇気を出して話しだしたら「・・あ、そんなことよりさ、この前の書類にハンコ押しといてくれた?」みたいな、どうでもいいことで返されたりしたら(ToT)

普通に、このようなパターンもありますが、マジックバーが気に入った人は、結構テンション高く、お店の楽しさをアピールするのですが、その温度差が問題ある場合も多く、最終的に「結局、酔っ払って騙されただけでしょ」的にあしらわれる事も・・・

なんにしても、興味がない人を、わざわざ、(特に当店は日曜の夜、という明日の仕事に向けて英気を養わなくてはならない時間帯に)時間とお金を使って、街に連れ出すことの労力といったら、かなりなものなのです。 しかも、飲むだけじゃ済まないので、その前の食事のセッティングも必要となるわけです。 そう考えると、毎週マジックバーやってる、こちらより、新規のお客さんを連れてきてくれる常連様の方が、何倍も苦労してるということがわかります。

その分のお礼の意味も兼ねて、最善の努力でおもてなししなきゃなぁ。そこまではしてないなぁ・・・と反省で終わるのでした。

| | コメント (0)

“ Ink'A'Change ”

私は、基本的に 「他のマジシャンがやっていない奇術を演じたい」 という気持ちが強いので、素敵なマジックを見つけたら、独り占めにしたくて、紹介はしない、というケチな根性の持ち主なのですが・・・この新しい奇術は、あまりにも素晴らしいので、紹介します。

Balcony Productions “ Ink'A'Change” by Victor Sanz

https://www.youtube.com/watch?v=v6pcNPpk3fU

古典的な、よく知られた “Out to Lunch” という名刺の奇術があります。 これは、・・・ 名刺の束が帯ゴムで束ねてあり、一番下の名刺の裏にお客さんにサインしたもらいます。そして、束からそれを抜き出して、しばらくすると何も書かれていなかった部分にメッセージが現れます。この状態で、名刺の束も含め、全てお客さんに手渡して、怪しいところがないことを示すことができます。

この奇術は、とても応用範囲が広く、今でも有効な手段です。 しかし、やはり古臭い奇術であることは否めません。最初に束をゴムでまとめてある時点で若干の違和感が。そして、変化前に裏向きに置いておくこともなんだか怪しいです。

さて、“Ink'A'Change”。 この作品は、Out to Lunchを飛躍的に進歩させたものなのです。色々なことに使えますが、基本的な現象を説明します。

まず、1枚カードを自由に(!)選んでもらいデックに返してもらいます。 名刺の束を出しますが、ゴムで止められておらず(!)、単にばらばらの状態でケースから出されます。最初に両手の間に広げて表裏見せられます。そして、1枚の裏に、ペンで長方形を書きます。 これを客に手渡し怪しいところがないことを確認の上(!)、サインをしてもらいます。 名刺の束の上に戻し、術者もサインを書き、さっき書いた長方形の中に、カードの名を書き込みます。 書き込んだ字が見やすいように、束を上下入れ替え、手のひらの上にフェアな状態で乗せて見せますが、カードが違っています。 ここで束を少し振ると、なんのカバーもせずに(!)、長方形の中に書かれたカードの名が、正しいものに変わります。 そのまま、その名刺は渡せますし(!)、名刺の束の表裏も見せることができます。

利点は(!)マークを付けた部分ですね。 実にフェアで、視覚効果は抜群です。普通、そうなると、その裏に色々な難点が隠れていることが多いわけですが、この作品、なんと、比較的簡単で、ある種のメカを自作する必要がありますが、その作成も容易で、メカにありがちな「誤作動」も少ない。 現象は飛躍的な進歩を遂げているのに、難易度はそれほど上がっておらず、角度にも強いので、実用性も極めて高いのです。

このDVDには、色々な応用が紹介されており、例えば、名刺にコインの絵を書き、手で覆うと実物になるなど、驚異的なことができます。

Out to Lunchは長年、マジシャンに愛用されてきた原理で、演出も沢山ありますが、このような技術革新が起こる日が来るとは思っていませんでした。 オススメです!!

| | コメント (0)

2016年3月30日 (水)

Magi・CULL Sunday 3周年

マジックバー Magi・CULL Sunday は、皆様のご愛顧のお陰で、4月で3周年を迎えることができます。 ありがとうございます。

スパークリングワインと、新ネタで皆様のご来店をお待ちしております。

店主 Close-Up Magician CULL

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

2016年4月の CULLの主な予定

マジシャンCULLの主な予定です。

いつものように、毎週日曜日、Magi・CULL SundayっくバーMagi・CULL Sundayを営業しております。 なお、3月に行われました、Magi・CULL Sundayでのワインとマジックを楽しむ会の2回目を4月17日に行います。参加ご希望の方は、私に直接ご連絡いただくか、FaceBook内の『Magi CULL Sunday ワイン会 (4月開催)』 にアクセスしてください。

4月13日は、金澤CULL OB会を、柿木畠 バー・カプリスにて行っております。ご興味ある方は是非。最近、海外からマジック商品を大人買いしたので、気になるものを見ることができるかも。

23日 N内科医院 患者会にてマジックショー

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

2016年3月の CULLの主な予定

マジシャンCULLの主な予定です。

今月も毎週日曜日、休まず、Magi・CULL Sundayは営業しております。

まず、13日は当店貸切となり、K Dr.幹事のワインとマジックを楽しむ会となりますので、参加者以外、ご入店できません。ご迷惑をおかけします。 なお、この会はすぐに満席となり、4月17日に第2弾を予定しております。Facebookにイベントとしてアップされますので、ご興味ある方は。

そして、20日は日曜月曜の連休となり、翌日休みの日はご来店しやすいのか、既にご予約で満席となっております。 遅い時間なら空いているかもしれません。

3月21日 富山でプライベートパーティー出演。富山市内のフレンチレストラン『シェ・フジイ』。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »