« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月27日 (火)

“Midas Bar”

しばらく、YouTubeに動画をアップしていなかったのですが、久々にアップ。

今冬、金沢は酷い積雪で、当店Magi・CULL Sundayも閑古鳥すら鳴かないような静けさで、その危機感から、春に悪い流れを断ち切るべく、ご来店お誘いメールを単なる文章だけでなく、動画を添付するアイディアを思いつき、それにうってつけのものを考えました。

ポイントは 

①短時間で観終わるもの。 これはとても大切です。実際、YouTubeまで飛んで確認して貰える率は意外と低く、ましてや、1分超える場合、途中で切られることが多いもの。 

②視覚効果が高いもの。 ネット動画でのメンタルマジックなどは、本当に伝わりにくいし、どれだけ不思議でも、サクラを使えば簡単にできるものばかり。やはり、動画は視覚効果で勝負。 

③オリジナリティーの強いもの。 勿論一般客にとってではありますが、あまり観たことがない現象の方が、断然キャッチーです。

というわけで、色々悩み、店ではほとんどやっていない、古典的名作“Scotty York's Gold Finger”を題材に決めました。 わたしが愛用しているハンドリングは、原案からかなりシンプルに変え、しかし、角度に強く、テーブルホップで利用できる、実用性の高いものです。しかし、視覚的効果が高いものではありません。

そこで、動画向けに、すべての方法を変更しました。

現象は・・・黒い財布の中の4枚の銀貨が、次々に金貨に変わり、財布も金色に変わる。

まず、1枚目の変化は、古典的な“Double X”ですが、これは依然、一般のお客さんには強烈なインパクトを放ちます。その上簡単。 

続けざまに、同じ手法で3枚変えられれば凄いのですが、実際困難な上、同じことの繰り返しは冗長になりがちなので、ここは一気に変化させることに。 最初、Coin Cripによる処理を考えました。勿論、それはそれで良い手なのですが、どうやっても拳に3枚押し込むような、ある意味「ダサい」動きが必要です。全体の流れとして、どうしても淀んでしまいます。そこで、全く違った手法による処理を思いつきました。すなわち、Maginetic Coinsの使用です。それほど使用されないものではありますが、非常に応用範囲が高いものだと思います。実際、今回の作品にはバッチリフィットしてると思います。ほとんど無駄な動きなしで、3枚を一気に変化させることが可能になります。

そして、財布の変化。これも、視覚的効果を狙って、なるべく隠さず一瞬で変わるものを選びたい。そこで、今回は思いついた方法を全部動画撮影し、検討してみたのです。鏡に映して見るより、ずっと客観的に判断できるのが不思議な所です。しかし、どれも気にくわなかった。どうも、現象のフィット感が薄い。コインはすべて「金の棒でタップすると変化する」という演出だったのに、撮影した方法はどれも、棒は脇役で、魔法を掛けているようには見えなかったのです。 そこで、根本から考えを改め、「棒でタップしたら変わった」という風に見える方法を導入することに決めました。 そこで出来上ったのはこれでした。 あまり、見ない手法だと思いますし、他にも応用の効くものです。

マジックバーのコインのルーティーンにも追加できそうです。 少し楽しい(^_^)

ちなみに、題名の“Midas”は「触れるものすべてを金に変えたミダス王」の伝説にちなんでいます。

Midas Barhttps://www.youtube.com/watch?v=vR3V247dzac

 

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

Marshmallows その後

マジックバー Magi・CULL Sunday を始めてから、一番多くクライマックスとして演じているのが、このマシュマロのマジックです。 http://cullblog.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/marshmallows.html

考案したのはそれよりかなり前なので、愛用期間は長いのですが、バーを始めてからは、ほぼ毎週やっているので、演技回数はかなり増えました。

数年前のIBM発表会でも演じ、雑誌スベンガリにも方法の詳細を発表しました。 このマジックの元となっているアイディアの一部は、根尾昌史氏のヨーグルトカップを使ったチョップカップであり、丁度発表会に根尾先生もお客様としていらっしゃいました。 演技後先生から「ブログを見てて、気になってた」と声を掛けていただき感激しました。

長年やっているので、以前ここで書いたプロットにも多少変化があります。現在主に行っている方法も、スベンガリに発表したものと違いますし、それ以前に東京のJapanCupのガラショーで演じたものは、それはそれで凝ったものでした。

現在このマジックには、マシュマロ、マフィン、大きなマシュマロ、小粒なマシュマロ、そしてカフェオレが出演します。そして、そのすべてが『本物』です。 うちのバーはカウンターが狭く、出現するポジションは、マジシャンよりもお客様寄りのため(なのか、私のキャラクターのためなのか・・・)、出現したマシュマロやマフィンがいきなり食べられることもままあります。恐ろしい『ライブ感』です。 そういった意味でも、本物であることが大変重要です。

マシュマロは想像以上に日持ちがするものですが、カフェオレは消耗品で毎回準備が必要です。しかし、マウントレーニアを使用している限り、どこのコンビニでも容易に入手可能です。問題は『マフィン』。

以前、近所のセブンイレブンにあったので、そこで購入していたのですが、入らなくなり、おばちゃんに「もう扱わないのですか?」と尋ねると「二度と入りません」と何故かきつい調子で(涙) そこから、探し求める旅が・・・ しばらくすると、もっと近くのサークルKがサンクスと合併し、無印良品が入るようになり、マフィンも売られ、以前より入手容易に。それが数年続き、ついに、その店舗から姿を消し・・・ 車で10数分行ったコンビニで売ってるのを見つけ購入するも、常時あるわけでなく、時々寄っては、あるときにゲット。そして、そこからも姿を消し・・・ 金沢の無印良品は以前、竪町という中心街に2階建ての一店舗があったのですが、今は駅前のフォーラスというビル内だけで、駅までマフィンのためにしばらく通っていたのです。ところが、数ヶ月前に、そこからも消え・・・・

もう、マシュマロをやめるか、別のクライマックスにするか、という判断を迫られる状況に。丁度良い大きさの『栗まんじゅう』もみつけたのですが、こっちも滅多に売っておらず、結局やり続けるには『マフィンを自分で焼く』という選択枝だけに・・・

しかし、カップに丁度入る大きさの『マフィン型』がなく、そして、簡単に焼くための生地のレシピの検討も必要で、ここ1ヶ月で数十個のマフィンを夜な夜な作成。

そうこうしてるうちに、近所の100円ショップに、2個で100円のマフィンが!! とりあえず、しばらくはこれで。でも、100円ショップって商品しょっちゅう代わるので、やはり自作のラインを確実なものにせねば

・・・・・と、色々苦労がある、という話でした(^_^;

| | コメント (0)

2018年2月の CULLの主な予定

意外と雪が多い1月も終わり、いよいよ本当に雪が積もる2月に入りました。

マジシャンCULLの主な予定です。

毎週日曜日、いつものように、マジックバー Magi・CULL Sunday 営業しております。ちなみに、11日は翌日祭日で、日月連休ですのでご来店しやすいかと・・・

2月3日 Mクリニック様新年会   院長先生ご夫妻で昨年Magi・CULL Sundayにご来店なさった際にいただいたお仕事です。お客様が16名なので、その人数に丁度良いネタで頑張ります!

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »