« 2018年10月の CULLの主な予定 | トップページ | 『 マット Close-Up Pad の話』 その2 »

2018年10月 2日 (火)

『 マット Close-Up Pad の話』 その1

Closeup_pad
【以下に書きます内容はFacebookに書いたものをまとめたものです。】
ここ7年ほどマジックバーで愛用している“Close-Up Pad(マット)”。
これは、本人のことを知らないんだけど、米国のプロマジシャンPattrick Przysiecki って人がショップ出してて作ってくれるのですが、とても良い。大きさ、厚さ、形、色を指定でき、色んな場所に様々なフォントで好きな色の糸で刺繍文字を入れてくれる。  
で、流石に少々へたってきて、1枚しかないと心配なのでもう1枚注文しました。  
初回時、ネット通販なので、色々クリックしてVISA払いだったのに、すぐに長文の普通のメールで「あんた日本人か?はじめてや。実は俺、しばらくコンベンションで離れるんで、送るまでに少し時間かかるんや。ごめんな~。それでも大丈夫か?」と英語で送ってきました。むちゃいい人なのはわかるけど、こっちは英語のやりとりが邪魔くさいからネット通販でやってんだから・・・ 
で「勿論大丈夫だよ。楽しみにしてるぜ。」「そうか、ありがてぇ。兄弟待ってな」みたいなやりとりがあって、それほど待たずに届きました。サイトで色も糸の色もフォントも選択するので、出来上がりのイメージが付きにくく、何枚かオーダーし直しも考えてたのですが、思ってた以上に良いもので満足して使っています。  
で、今回久々にオーダーすると、サイトの様式がかなり変わってる。前のデータあったので、それに従って選択しオーダーすると、また、すぐにメールが(^_^; だーかーらー・・・  
「すまんすまん。日本からのオーダーないから、あの送料間違ってた。ホントはあとOOドルかかるんだよ。大丈夫か?嫌だったらそう言ってくれ。ほんと悪かったなぁ」と。米国人ってこんな謝る?訴訟社会って聞いてるけど・・・ 
「いや、前回のマット凄く気に入ってるし、その送料で送ってくれ」
「わかった。返事くれてありがとう。ちょっと待っててくれよ」 
そして、昨夜「待たせたな。聞いたけど、日本台風大変だったそうじゃねぇか。大丈夫かい? マット出来上ったぜ。俺的にはすごくよく出来たと思う。届けるぜ!」とメールが。 
 いやいや、ネット通販ってこんな?  いいやつなんだけど・・・

|

« 2018年10月の CULLの主な予定 | トップページ | 『 マット Close-Up Pad の話』 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年10月の CULLの主な予定 | トップページ | 『 マット Close-Up Pad の話』 その2 »