« 『Magi-CULL Sunday 再開!!』 | トップページ

2022年9月15日 (木)

《マジシャンしか読んじゃいけないコーナー》『歪んだコイン・シェル Coin Shell の直し方』

全国一千万のシェル・ユーザーの皆さんこんにちは。

シェルを使用した奇術を演じた経験のある方なら、大抵経験しているのが、『シェルのエッジの歪みによる、脱着不良』

特に嵌まったまま取れなくなることが大問題です。 何故この事故が起こるかと言えば、エッジが非常に薄く、外側からの圧力で簡単に内側に曲がってしまうことに起因します。 はっきり一部分が曲がっていれば、その部分を気長に指で押し出せば直るのかも知れませんが、実際はそうは行きません。 なぜなら、どこが問題の箇所なのか判明しづらく、良く見ると怪しい場所が何カ所かあり、主要トラブルがどこなのか、はたまた複数の箇所の複合原因なのか・・・

ネットで調べると次の2方法が紹介されていました。

① シェルにコインを嵌めた状態で、根気よく全周をテーブルにこんこん当て続ける。 やってみましたが根気が足らないのか、全然上手くいきませんでした。

② 使わなくなったシルクをコインに被せ、その上からシェルを押し込んで引き剥がす。 これは簡単で有効そうですが、確実にシルクはボロボロになるし、持ち歩く必要も・・・

そこで、私が工夫して、ほぼ確実に機能する修復法をご紹介します。

準備するものは少々厚手でザラザラカサカサしたタイプの、ペーパータオル。 このコロナの御時世、エアタオルが意味なく封印され(これがウイルスをまき散らすことが無いことは証明済ですが、慣習的に封印され続けています。)洗面所には必ずこの手のペーパータオルがあります。これを写真の様に三つ折りにします。そして下にシェル逆さにして置き、上からコインを押し込みます。

その後、紙の四隅をコイン側にまとめて絞り、シェルのエッジに爪を立てて引き抜きます。

この方法は、三つ折りで紙の厚さが出る分、シェルとコインの隙間を大きく広げる効果があり、紙の厚みは均等なので、シェルが均等に広げられます。 また、紙を取り外す時も、1枚では薄くてすぐに破れるのですが、三枚折りにしてあると、丈夫でコインを引っ張り出すおりにも、ホールドしやすいのです。 紙はどこでも入手しやすいので、『緊急の現場』でも使用可能となる便利な方法です。お試しあれ!

|

« 『Magi-CULL Sunday 再開!!』 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Magi-CULL Sunday 再開!!』 | トップページ